Top > 作品庫 > LhaForge

[Icon]LhaForge

2017/ 7/25 更新

2017/07/25掲載: LhaForgeにおける任意のDLL読み込みの脆弱性(JVN#74554973)について: LhaForge Ver.1.6.5およびそれ以前のインストーラにおける脆弱性が発見されました。詳細はリンク先をご参照ください。

ダウンロード

本体 - LhaForge Ver.1.6.6 (インストーラー版)

通常は本体のダウンロードだけでOKです。以下の3つのリンクからはいずれも同じファイルが入手できます。32bit/64bit共通です。

その他(ヘルプ/ベータ版/旧バージョンなど)

ソースコード

正式版(Ver.1.6.6)のソースコードです。注意などについては、アーカイブ内の「source.txt」をお読み下さい。

詳細

統合アーカイバプロジェクトのDLLを利用してファイルの圧縮、圧縮ファイルの展開・完全性検査を行うプログラムです。また、エクスプローラの右クリックメニューからも操作可能です。右ドラッグでのメニューにも対応しています。

別途、統合アーカイバプロジェクトのDLLが必要ですが、DLL自動インストーラを添付していますので、インストール時の指示に従えば自動的に必要なDLLは全て導入されます。 また、アーカイバ「Noah」の機能拡張スクリプトB2Eに対応し、自由に対応形式を増やせます。

現在の標準対応形式は圧縮20種類、解凍34種類、完全性検査10種類です(最新版DLLを利用した場合)。いずれもパスワード付き書庫や自己解凍書庫は無視して数えています。

このページの前の方にあるリンクからヘルプファイルのみをダウンロードすることが出来ます。このヘルプファイルはLhaForgeをインストールしたとき一緒に導入されるものと同じです。LhaForgeを使うかどうか迷っているなら、一度お読みください。

対応OS

Windows XP/Vista/7/8/10 32bitおよび64bit版

起動には、Microsoft Visual C++ 2005 再頒布可能パッケージ (x86)が必要になることがあります。

利用条件

このプログラムは無料で使うことができます。また、修正BSDライセンスに基づいて使用・再配布・改変を行うことができます。詳しくは、ヘルプをご覧ください。

今後の更新について

Ver.1.6.1以降は、基本的にバグ修正のみとし、機能追加は行わない方針です。 詳しくは、掲示板の該当記事[コピー]を参照してください。

主な変更点

Ver.1.6.5からVer.1.6.6

LhaForge本体

LFCaldix

アップデート方法

通常の方法

一旦古いLhaForgeをアンインストールし、再起動した上で最新版をインストールしてください。関連付けの解除やショートカットの削除は必要ありません。設定なども保存されます。

アンインストール方法はヘルプをご覧ください。

圧縮ファイル版の更新方法

Ver.1.0/Ver.1.0.1から更新する場合はBH形式への関連付けを解除してください。Ver.1.1.0以降から更新する場合は必要ありません。その後、アーカイブ内容で旧版を上書きしてください。

ShellExtDLL.dllが更新できない時は、右クリックメニューを無効にしてWindowsを再起動してから再度上書きしてください。


スクリーンショット

画像へのリンクになっています。画面はWindows Vista上のVer.1.5.1の物です。

設定ダイアログ

一般設定 / 右クリックメニュー / ショートカット / ファイル一覧ウィンドウ設定 / 圧縮共通設定 / 解凍共通設定 / 関連付け / 開く動作 / DLLの情報と更新 / バージョン情報 / LZH / ZIP / CAB / 7Z / TAR/GZ/BZ2 / JACK / HKI / BZA/GZA / ISH/uuencode / XacRett.DLL / B2E32.dll / DLLの有効/無効

アーカイブ内ファイル一覧

ファイル一覧ウィンドウ(詳細表示)

メニュー

圧縮メニュー編集

DLL更新プログラム

LFCaldix開始画面


LhaForge Ver.1.5.2およびそれ以前をご利用中の方へ

古いバージョンのLhaForgeにはセキュリティ上の問題があります。LhaForge Ver.1.6.0以上へ更新してください。

Ver.1.5.1およびそれ以前にはLhaForge本体とDLL更新ツールに、Ver.1.5.2ではDLL更新ツールに脆弱性があります。脆弱性の詳細な情報は、JVNTA10-238Aをご覧ください。

Windows 2000上でLhaForgeをご利用中の方へ

Windows 2000で動くLhaForgeはVer.1.5.2が最終バージョンですが、このバージョンにもDLL更新ツールにセキュリティ上の問題があります。Ver.1.5.2に更新の上、修正モジュールをダウンロードし、ファイルを上書きすることをお勧めします。

脆弱性対策に関する情報

2017/07/24掲載: LhaForgeにおける任意のDLL読み込みの脆弱性(JVN#74554973)について: LhaForgeのインストーラにおける脆弱性が発見されました。詳細はリンク先をご参照ください。

解凍については、最新版のDLLにて、「Directory Traversal問題」および「UNICODE制御文字によるファイル偽装」をなるべく回避するようにしてあります。詳細はヘルプをご覧ください。

謝辞

シェル拡張部分はHIROさん(Page:JJworkshop)のTfShellをベースにして開発させていただきました。ソースコードを公開してくださったHIROさんに感謝します。

DLL自動インストーラはK.INABAさん(Page:kMonos.net)のcaldixを改変して開発させていただきました。使いやすいプログラムを利用しやすいライセンスで公開してくださったK.INABAさんに感謝します。

LhaForge Ver.1.6.0の作成にあたり、rain(Amate)さんによる修正を取り込ませていただきました。

戻る


[Claybird Logo]泥巣 by Claybird <claybird.without.wing@gmail.com>